気になるアコギブランド

0
    おはようございます。

    今回は気になるアコギのメーカーというテーマです。様々なメーカーの中から気になるものだけをピックアップしてみます。


    ■テイラー
    今メインで生アコギ使ってます。造りのクオリティ、鳴りの良さ、見た目のかっこよさ、プレイアビリティ、少し乾いた良質の音で、抜けの良さも光ります。最近では搭載されるピックアップの評判も良いですね。

    ■マーチン
    三大アコギブランド筆頭であり、大定番です。安価モデルから高級機まで文句なしの安定感と鳴りの良さ。広い音域と元気で爽快な音はハマる音です。

    ■ギブソン
    マーチンと並んで人気のあるブランドですが音質はだいぶ変わります。上手く表現出来ませんが深みの感じられる秀逸な機種が多く見られます。

    ■フォルヒ
    ソロギター向きならこちらですね。チェコのメーカーです。丁寧な造り、良い材料、そして広めのネックとコストパフォーマンスは魅力的ですね。

    ■K.ヤイリ
    国産であるため、日本の気候に強くトラブルが少ないと言われます。アコギは全てオールハンドメイドで、購入後のメーカーサービスが良いです。音は全体的に豊かな響きを持っています。日本人に合ったネックシェイプなども採用されており、コアなファンも多い。

    ■ヤマハ
    歴史がある楽器メーカーですね。売っているモデルも多いですが、中級機では繊細さとダイナミックさを併せ持っており、侮れません。

    以上がお気に入りな訳ですが、音なんて個人の好み次第ですね。あくまでも僕の印象で、同じメーカーでもモデルや板の材料などによりキャラクターは違うでしょう。
    なので目安程度にご参考にしてみてください。

    それでは、またです。

    アコギを選ぶポイント

    0
      おはようございます。

      今回は新品で生アコギを選ぶ時にに役立つポイントをテーマにしてみたいと思います。

      改めて考えてみると、アコギを購入するときに考える事は沢山ありますよね。僕の場合になりますが、重視してる順であげてみます。

      ・音(音質、音域、倍音、深み、粒だち、サスティン等)
      ・弾きやすさ(カッタウェイ、ネック形状、弦高、ナット幅)
      ・抱えやすさ(ボディ、膨らみ方)
      ・ボディシェイプ
      ・オール単板
      ・各材料の種類
      ・メーカー
      ・各部品(ペグ、ナット、サドル)
      ・価格
      ・製作年
      ・見た目(ピックガード、インレイ、木目)
      ・ネックジョイント
      ・付属品(保証、ケース)


      …という感じに、色々とチェックしながら吟味いたします。自分好みに絞っていくとやはり数十万に達してしまいます。。

      とりあえず予算から探して納得いく音が探せればベストですね。

      それでは、またです。

      アコギランキング1位(楽天)

      0

        こんにちは。

        今回は楽天のリアルタイムランキング1位のアコギをご紹介します。
        アコギストたるもの、売れ筋のアコギは気になるものですね。。

        今調べたら「Art&Lutherie (アート&ルシアー) / A&L Spruce Burgundy 〜 Dreadnaught Model 」というアコギがトップでしたよ(下の画像です)


        【仕様】
        Back&Side : Wild Cherry (3-Layer)
        Top : Solid Spruce
        Neck : Silver Leaf Maple
        Fingerboard&Bridge : Indian Rosewood
        Scale Length : 630mm
        Finish (Laquier) : Semi-Gloss
        Joint : 14Fret
        NO.of Frets : 21
        Nut Width : 44mm

        ところでArt&Lutherie (アート&ルシアー) というメーカーはカナダの会社のようで、カナダに豊富にある木材からハンドメイドで良いギターを作っているみたいですね。これはポイントです。

        そして、トップがスプルースの単板ということは鳴りも期待して良さそうです。
        ちょっと前まではこの値段では考えられませんでしたが、今はあるんですね!
        しかもバッグやストラップまでついているんですね。

        バックとサイドはワイルドチェリーですね。マホガニーとメイプルの中間くらいの音っぽいので、
        粒立ちもあり、元気な感じもあるカラっとした抜けの良さそうな音と思われます。

        塗装はラッカーフィニッシュにセミグロスということは、やはりカラっとした明るいキャラクターの
        音質になるのだろうと予想します。

        コストパフォーマンスに優れた良いギターだと思います。
        良かったらチェックしてみてくださいね。

        それでは、またです。


        カッタウェイのアコギ

        0
          おはようございます。 
          お盆が終わり、暑さも落ち着きますでしょうか? 

          今回はアコギのカッタウェイについてです。 
          カッタウェイというのは、アコギのボディをあえて削ぎ落としたスタイル全般を指します。 

          何のためかと言うと、ハイポジションを弾きやすくするためです。ハイフレットを弾く時に
          指を伸ばして頑張らなくてもカッタウェイ仕様のアコギならばっちりですね。 

          しかし、音を膨らませるボディの容積が減るため、アコギの響き若干が失われるということも考えられますね。サウンドホール内部の形もイビツになってしまいます。

           でも、出過ぎる低音域が程よくカットでき、高音を活かしたプレイが出来るとも言えます。つまり、ソロギターなどではメロディーラインを浮き立たせて良い感じの演奏をすることができるということなのです。 

          ソロギターに最適なアコギの要素はこれだけではありませんが、カッタウェイを使ってみるのも良いと思います。 

           それでは、またです。

          アコギの選び方

          0
            おはようございます。

            今回は、この夏アコギ購入を考えている人に「アコギの選び方」というテーマで書いてみます。あくまでも僕個人の考え方なのですが参考になれば良いです。


            さてどんな基準で選ぶか?それが初めての一本であれば、割と簡単な話です。

            1、どれだけの予算か?
            お金がどれくらい使えるのか、とても重要ですね。アコギの価格はピンからキリまであります。例えば中くらいのクラスで20〜40万程度になります。コンディションの良い10万ほどの中古品も一つの手ですね。残りのお金で良いピックアップやアンプも手に入れられることもできます。
            手持ち2〜3万しかない場合はもう少し貯めるとグレードを高めることができます。やはり値段が高いだけ音の良さが上がりますし、安いモノに手を出すと飽きが早くモチベーションも続かないものです(体験談)

            2、スタイルや音質は?
            生アコギかエレアコか、自分で得たい音、スタイルによって選択します。どうせアンプから音を出すにしても、カスタマイズ性から言っても音質から言っても、生アコギからの加工をオススメします。
            あと、ストロークなのかフィンガーなのかで選ぶボディタイプは変わります。
            関連記事「ソロギター用のアコギ」も参照下さい⇒http://blog.torippin.com/?eid=32

            弾き語りなどのストローク中心ならドレッドノートタイプ(一般的な形)のような迫力がある音が出る大きいボディサイズがよいです。ピックガードの付いてるものが良いですね。
            フィンガースタイルのソロギター系なら少し小ぶりボディでメロディーを引き立たせるのが良いです。マーチン000シリーズやオーディトリアムのようなサイズですね。頭が大きくて、くびれからお尻がちょい大きい形のボディは、レスポンスもよく、高音が綺麗ですからフィンガーピッカーにはオススメです。
            ちなみに僕のようなオタクみたいな基準でなくて良い場合はスタイルは気にしないで、見た目でまず選び、利き腕と6弦であることを確認して予算内で普通にフォークギターを買えばOKです。

            3、本体以外のモノは?
            ハードケースが付いてるものを選びたいです。ソフトケースでもダメではないですが、移動や保管時にはハードケースが力を発揮します。
            それと中古品でエンドピン加工がしてあったり、ピックアップが付いてるのはお得だったりします。交換するにしても穴空け料がかからないので。
            あと、当然新品にはメーカー保証があったりするので、メンテナンスでは安心感があります。その点、中古品は注意して選ぶ必要があります。クラックの有無やフレットの減り、ネックの反り、トップ板の膨らみなど、極端にコンディションが悪く変なものは後で多額のリペア料金がかかるので、事前に目を光らせていましょう。


            ほかにも、スケールやネックの握りやすさなど、細かく見れば基準は多いです。小さいミニアコギを買う人もいますが、バンド形態などでは音が物足りなくなるようです。
            ネックの握りやすさは実際手に取って確認したいですが、最悪弾き手が合わせられないこともないです。
            ナット幅もスタイルによりますが、あまり初心者の方に大きい影響を与えるものでもないと思います。弦高も調整すればよいので気にしませんが、トータルのプレイアビリティは気にしましょう。

            材質もこだわるとほんとにキリがありませんので、あくまでも予算内で音とともに考えるほうがよいです。ただ、総単板が一番良いですが、少々値がはる為、せめてトップだけでも単板を選びます。

            音も様々です。材質、作り方、ボディタイプ、年式、コンディション、弾き込み方、、色々な要素で音が決まっています。ショップを回って新品も中古品もたくさん試奏してみたほうが良いです。勇気を出して50万くらいの高級品も弾いて音を確認しましょう。(取り扱い注意で)それからまた色々考えてみるのも良いと思います。

            それでは、またです。

            できればアコギ初心者セットはやめよう

            0
              こんばんは。

              アコギ初心者セットというのはよく売れるようですが、出来れば避けたいですね。

              確かにアコギ本体も安く手に入るし付属品は揃っているし、これから始める人には魅力的かもしれません。特にチューナーやスタンド、教則本やDVDなんかも付いてくるのはとても親切だとも思います。

              僕も高校生の頃、似たような「アコギすぐはじめられますセット」を2・3万くらいで買った事がありますが、その内容は素人向けにしてもバカにしてるようなものでした(今思えば)
              それでも素人耳では十分だと思って弾いてましたが、やはり粗悪なギターでしたからすぐにもう少し高いのが欲しくなって、良さそうな中古品に買い替えました。

              見方によっては、学園祭でちょっとやってみたいだけとかならリーズナブルだったりもします。それか、まずはビギナーモデルからスタートしたいって場合もいいですね。

              それであってもノーブランドの変なやつは買ってはならない…と思います。高いモデルを買えとは言いませんが、最悪でもヤマハやモーリスなどの廉価モデルのほうが良いです。それか定価七万円くらいの中古でしょうか。。この先頑張って行きたい!という場合は。

              そうして本体を手に入れ、他に必要なものは研究しながら自分が使いやすいものを整えていくのがベストです。遠回りで面倒くさいかもしれませんが、全て人が揃えたようなセットは飽きがくるのが早いですから。とりあえず適当なボディタイプに的を絞って、オール単板仕様を探すのもオススメです。そういった総単板仕様であれば弾き込んでいくと音が良くなっていきます。お互いで成長していくのは素晴らしいですね。

              そんなわけで、アコギを始めたいけど悩んでるような人はちょびっと考えてみましょう。

              それでは、またです。

              アコギのナット幅

              0
                おはようございます。

                アコギのカタログなどに「ナット幅」という文字を見たことがありますでしょうか?

                ナットとはネックとヘッドの境目に挟まっている部品で、サドルと共に弦を支えるパーツですね。主に牛骨

                やタスク(人工象牙)、プラスチックで作られている事が多いです。


                このナットの幅を表す値が「ナット幅」 となります。

                ほとんどの場合、42ミリ〜44ミリだと思います。


                たまに45ミリ幅も見られます。僅か1ミリの差ですが、弦と弦の間隔が拡がる事で弾き易さもアップする

                場合があります。例えば、複雑な押弦が必要なフィンガーピッキングでは、弦の間隔が若干広いほうが

                他の弦に指が干渉せず都合が良いと思います。手の大きい人にも合うと思います。


                逆にストローク中心であれば44ミリ幅のほうがキレの良いストロークができるし、フィンガーもストローク

                もするよって方は一般的な44ミリナットを選ぶほうが良いと思います。


                といっても、手や指の形状は人それぞれであるし、ネックのシェイプや、薄さ、弦高なども弾きやすさには

                大きく関係しますので、実際に手にとって総合判断で選ぶようにしましょう。

                最初だけほんのちょっと手に馴染まなくても弾き込むと慣れますよ。というのも参考にしてみて下さい。

                それでは、またです。

                中古アコギを選ぶ耳

                0
                  おはようございます。

                  前回の記事「中古アコギを選ぶ目」で中古アコギのメリットデメリットを書きましたが、今回はそれに続きまして、「中古アコギを選ぶ耳」という事で考えてみたいと思います。要するにどんな音のものを選べば良いのか、ということです。

                  中古アコギと言っても色々なんですが、程よく弾き込まれて良いコンディションのアコギは新品と比べてこんな音の特徴があると思います。

                  ・音量がアップしている
                  ・各弦のバランスが整う
                  ・全体的に乾いた音
                  ・若干枯れた良質な音
                  ・粒立ちが改善
                  ・音のヌケが増している
                  ・サスティンが増す
                  ・倍音が増す
                  ・キラキラ感が減る
                  ・音潰れやデッドポイントの可能性はある
                  ・ビビりがあるかも

                  …というのが一般的ですが、すべてのアコギにあてはまるわけではなく、残念ながら逆のパターンも有り得ます。。
                  新品アコギが良い成長を遂げる条件としては、アコギにとって良い環境(湿度・温度・保管状況、メンテナンスされている)の中で各フレットをまんべんなく、且つ適度な音量で一定期間弾き込んである場合ですね。しかし材質や作り方などによっても成長は違います。安物で粗悪な合板ギターは成長が見込まれません。初期は買っても良いですが、おそらくすぐにハイクラスのギターが欲しくなると思います。

                  そもそも音の好みは個人差があるし、弾きたい音、目指したい音を一番ベースにして考えていったほうが良い結果になりますが、客観的に中古アコギの音の選定したいとすれば上記の事も参考にしてみましょう。なかには中古のほうが良い場合だってザラにありますから。そしたらピックガードを張替えて大事にすれば良いですよ。
                  というわけで、試奏したりショップの店員にコンディションを尋ねるのはマストですね。

                  それでは、またです。

                  中古アコギを選ぶ目

                  0
                    こんばんはです。

                    アコギを購入する時には中古のアコギも検討する場合もありますね。そんな時はキズの程度や製造年、どのような使われ方だったのかなど、いろんな面で気になりますね。

                    そこで今回は中古アコギのメリットとデメリットを踏まえて、どこに気をつけたらよいか考えてみたいと思います。

                    ■中古アコギのメリット
                    ・とにかく価格が安い
                    ・上手く弾き込まれている場合がある=熟成してる
                    ・ピックアップなど付いてたり加工済みの場合もある
                    ・板が良い感じに焼けた色になる
                    ・サドルやペグなどがグレードアップしている場合もある
                    ・弦高調整済みかも


                    ■中古アコギのデメリット
                    ・保証やメンテナンスが受けれない、もしくは保証期間外の可能性あり
                    ・キズ、汚れが気になる
                    ・修復歴の可能性=悪音質
                    ・フレットやナットの減り
                    ・ピックガードのキズ、剥がれ
                    ・悪管理による塗装ヒビや割れが隠れてる場合あり
                    ・扱い方が悪いとネックや板が沿って、寿命が近い
                    ・ケースが傷んでたり、専用レンチなどの付属品が無い場合があり
                    ・フレットが浮いてる可能性
                    ・愛着が湧きにくい
                    ・アコギの成長が楽しめないし、新品独特の音が楽しめない


                    …まぁ、こんな感じですかね。他にもあるかもしれません。なんにせよ、手にとって確認してみるのが安全ですよね。中古品を選ぶにはそれなりの目をもってしてチョイスしましょう。

                    程度の良いアコギを購入して、ピックアップなどにも予算を回すのも一つの手ですね。
                    予算と相談しながら、少しずつ音を追求していきましょう。

                    参考にしてみてくださいませ。それでは、またです。

                    ソロギター用のアコギ

                    0

                       おはようございます。

                      今回はソロギター用と言えるようなアコギを考えてみたいと思います。
                      (あくまでも僕が思う理想です。)

                      バンドや歌の伴奏では中低音のうねりの迫力や音のキレ、音量などが求められるのでドレッドノートくらいのサイズが選ばれる事がしばしばありますね。ではソロギターではどんなギターがよいでしょうか?

                      ソロギターでは、どちらかと言えば音量よりも”集塾呂世辰燭蝓↓弾き易さだったりします。そして材質もありますね。


                      ”集塾呂箸いΔ里蓮▲侫ンガーピッキングの絶妙なタッチの音を出せたり、音の粒立ち、レスポンスの良し悪し、サスティン、倍音、そしてメロディー部分の音が引き立つ作りになっているか、が重要です。ドレッドノートほどの大きなサイズでメロディーを立たせて弾けないこともありませんが、中低音に掻き消されてしまう事があります。小ぶりなほどメロディーになる高音成分が際立ったり、倍音も綺麗だったりします。

                      弾き易さというのは弦高の低さだったり、抱え易いやや小さなボディだったり、細かい指使いでも余計な弦に指が触れないようにナット幅がやや広めだったり、ハイポジションが弾きやすいカッタウェイ仕様であるかどうかが重要だと思います。


                      材質というのはギターの音色を決めるファクターではありますが、追求するときりがありませんので、重要視していません。一般的にはトップがシダーもしくはスプルース、バック&サイドはローズウッドあたりでしょうか。指板は定番のエボニー。最低このあたりであれば大丈夫ですね。プロの方もシダートップ仕様を好む方は多いし、普通に人気があります。
                      しかしスプルースも高級アディロンダック仕様だとシダーを抜いて音・人気とも高いレベルです。バック&サイド材はブラジリアンローズウッド(ハカランダ)が最高峰ですが、一般的なインディアンローズウッドでも普通によい音だと思います。高い稀少材をあえて選ぶ必要はありませんね。


                      というわけで、ソロギターに適したアコギを考えてみましたが、実際はどんなアコギでも自分で手に入れたアコギは相棒ですから練習に打ち込みましょう。間違ってエレキ買っちゃった!とかでなければソロギターはできます。ガットギターでもパーラーでもなんとかなります。将来ソロギターに特化するのであれば、ちょっとマニアックですが今回の記事を参考にしてみて下さい。
                      それでは、またです。



                      .

                      アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

                      自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

                      コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

                      頑張る人に!

                      最近の記事

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      コメント

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM