ソロギター用のアコギ

0

     おはようございます。

    今回はソロギター用と言えるようなアコギを考えてみたいと思います。
    (あくまでも僕が思う理想です。)

    バンドや歌の伴奏では中低音のうねりの迫力や音のキレ、音量などが求められるのでドレッドノートくらいのサイズが選ばれる事がしばしばありますね。ではソロギターではどんなギターがよいでしょうか?

    ソロギターでは、どちらかと言えば音量よりも”集塾呂世辰燭蝓↓弾き易さだったりします。そして材質もありますね。


    ”集塾呂箸いΔ里蓮▲侫ンガーピッキングの絶妙なタッチの音を出せたり、音の粒立ち、レスポンスの良し悪し、サスティン、倍音、そしてメロディー部分の音が引き立つ作りになっているか、が重要です。ドレッドノートほどの大きなサイズでメロディーを立たせて弾けないこともありませんが、中低音に掻き消されてしまう事があります。小ぶりなほどメロディーになる高音成分が際立ったり、倍音も綺麗だったりします。

    弾き易さというのは弦高の低さだったり、抱え易いやや小さなボディだったり、細かい指使いでも余計な弦に指が触れないようにナット幅がやや広めだったり、ハイポジションが弾きやすいカッタウェイ仕様であるかどうかが重要だと思います。


    材質というのはギターの音色を決めるファクターではありますが、追求するときりがありませんので、重要視していません。一般的にはトップがシダーもしくはスプルース、バック&サイドはローズウッドあたりでしょうか。指板は定番のエボニー。最低このあたりであれば大丈夫ですね。プロの方もシダートップ仕様を好む方は多いし、普通に人気があります。
    しかしスプルースも高級アディロンダック仕様だとシダーを抜いて音・人気とも高いレベルです。バック&サイド材はブラジリアンローズウッド(ハカランダ)が最高峰ですが、一般的なインディアンローズウッドでも普通によい音だと思います。高い稀少材をあえて選ぶ必要はありませんね。


    というわけで、ソロギターに適したアコギを考えてみましたが、実際はどんなアコギでも自分で手に入れたアコギは相棒ですから練習に打ち込みましょう。間違ってエレキ買っちゃった!とかでなければソロギターはできます。ガットギターでもパーラーでもなんとかなります。将来ソロギターに特化するのであれば、ちょっとマニアックですが今回の記事を参考にしてみて下さい。
    それでは、またです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM